ニゾラルシャンプーdeふっさふさ

ニゾラルシャンプーのAGAへの効果について

ニゾラルシャンプーはAGAに効果あり!?

頭皮の皮脂やフケの解消に効果が高いニゾラルシャンプー、このシャンプーには複数の効果があります。その効果の1つが薄毛症の抑制による発毛や育毛効果です。

薄毛症は多くの男性が悩む症状の1つであり、有名な症状としてはAGA(男性型脱毛症)という症状があります。

このAGAという症状を改善する際には、AGA治療に対して効果がある育毛剤や発毛剤を使用する必要があります。

しかしこのニゾラルシャンプーにも実はAGAの改善効果があることが研究によって明らかになっています。

使用による改善具合は人それぞれ異なりますが、比較的高い効果があり、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでは推奨度がC1の用いても良い、というものに設定されています。

本格的な治療を行う場合、専用の治療薬を用いるのがもっともよい方法であるといえます。

しかし初期症状の改善や発症の予防を行うのであれば、ニゾラルシャンプーは十分すぎるほどの効果を発揮してくれるでしょう。

注目は有効成分ケトコナゾール

ニゾラルシャンプーがAGAの改善に効果的な理由、それは有効成分であるケトコナゾールが関係しています。

ケトコナゾールは白癬菌など真菌を駆除する効果が高い成分で、ニゾラルシャンプー以外の製品であれば、水虫の治療薬にも使用されている成分となります。

そしてケトコナゾールにはもう1つ「CYP17」という酵素の生成を抑制する作用があることが知られています。

このCYP17というのは、性ホルモンの1つであるプロゲステロンが、アンドロステンジオンへと変質する際に必要となる酵素です。

アンドロステンジオンは体内で更に別の酵素によってテストステロンへと変化し、最終的にはDHT (ジヒドロテストステロン)という物質になり、AGAの症状を引き出します。

したがって、ケトコナゾールにはAGAの原因となるDHTが生成されるのを直前ではなく、非常に早い段階で予防することによって、AGAの症状が現れるのを抑制してくれるのです。

更にケトコナゾールには毛穴から分泌される皮脂の量を抑制する作用があります。

したがって、毛穴内部が皮脂によって詰まってしまい、毛が細く抜けやすい状態になってしまうのを抑制できるため、より優れたAGAの予防効果があります。

ニゾラルシャンプーは医療用

ケトコナゾールを配合したニゾラルシャンプーですが、このニゾラルシャンプーというのは市販されているシャンプーではなく、医療用医薬品として皮膚科などで処方される製品です。したがって、通常のシャンプーを購入するのと同じように手軽に購入することはできません。

そしてニゾラルシャンプーの主な使用目的は薄毛の改善ではなく、脂漏性皮膚炎などの症状の治療用シャンプーとしての処方が一般的です。

したがって、ニゾラルシャンプーをAGAや薄毛の改善目的で処方してもらうというのは、非常に難しくなります。

また、そもそもニゾラルシャンプーという製品自体日本国内での認可が正式に降りていない未承認の製品となります。

したがって、日本国内で入手する場合は専用の通販を利用して購入する、もしくは一部の医療機関でのみニゾラルシャンプーの処方が行われているのため、その医療機関を受診する以外の方法がありません。

入手性に難がありますが優れたAGAの改善効果があるため、もし使用したい場合は上記の入手方法を検討してみるのもよいでしょう。

AGAについて

ニゾラルシャンプーで改善が可能なAGA、そもそもこの症状というのは一体どういった症状なのでしょうか。AGAという名称自体はテレビやネット、電車の中吊り広告など多くの媒体で目にする事があります。

したがって、AGAという名称の薄化粧が存在しているという事を知っている人は多く居ます。

ですが、実際にどういった特徴のある症状なのか、といった事を知っている人は多くありません。

ここではAGAがどういった症状の薄化粧なのか、そして何が原因で発症し、血量の際にはどのように治療をすれば良いのか、というのを紹介します。

原因や具体的な症状、そして治療方法を知っていれば、AGAを発症したとしても、粗レ以上の進行を食い止め、少なくなってしまった毛髪を取り戻すことも可能となります。

最近頭髪が薄くなってきた気がする、家族から髪が薄いと言われた、シャワー後に頭を乾かしていると地肌が透けて見えるようになった、そんな悩みを持っている人は、AGAについて知ってみましょう。

AGAの症状

まず初めに紹介するのはAGAの症状についてです。

AGAというのは正式名称をAndrogenetic Alopecia、日本語では男性型脱毛症と呼ばれる症状になります。AGAは髪が抜け落ちる脱毛症という認識が強い症状ですが、正確には髪の成長サイクルを早める症状になります。

髪は一定周期で発毛と脱毛を繰り返しますが、AGAを発症するとこの発毛と脱毛のサイクルが短くなり、今までよりも髪が短い段階で髪が抜け落ちるようになります。

その結果、徐々に発毛途中の髪よりも脱毛した髪が増えていき、頭髪全体が薄くなっていくのです。

症状の進行パターンは頭頂部から薄くなる、額の生え際から薄くなる、前頭部から薄くなる、という大きく分けて3種類のものがあります。

AGAによる脱毛の特徴として、側頭部は髪が残り易く、頭頂部や前頭部が薄くなるという特徴があります。

この特徴こそAGAと他の脱毛症を見分ける最大のポイントとなっており、側頭部は比較的多く髪が残っているのに生え際や頭頂部、前頭部が薄くなっているという状態になった際には、AGAを疑う必要があります。

AGAの原因

次にAGAの原因について紹介します。AGAという症状は人間の体内に存在する性ホルモンが原因となり発症します。性ホルモンは男性と女性で分泌される物の比率が異なっており、男性であれば男性ホルモンが、女性であれば女性ホルモンが多く分泌されます。

そしてAGAはその中でも男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)というものが原因となり発症します。

DHTは胎児の性別を決定するなど、非常に強力かつ重要な働きをする男性ホルモンです。

しかしDHTは非常に強力な作用をするあまり、分泌量が多くなりすぎてしまうと体に対して影響を与え始めます。その影響の1つが毛根に対しての影響、AGAの症状です。

DHTが増加すると、毛根の細胞である毛母細胞や毛包といった部位に対して刺激が発生し始めます。その結果、本来であれば数年をかけて一周するはずの髪の成長サイクル大幅に短くなり、数ヶ月から1年ほどで1周するようになります。

そうすると本来は何年もかけて長くそして太くなるはずの髪が、本来よりも髪が短く細い間に抜け落ちてしまうようになります。そして細く短い間に抜け落ちる髪が増加していくと、徐々に頭髪が薄くなっていくAGAの症状が現れるようになります。

AGAの治療方法

最後にAGAの治療方法です。AGAの治療方法は大きく分けて2つ存在しています。

1つは「DHTの生成を止めて髪の成長サイクルを元に戻す」という方法です。

AGAはDHTの影響によって髪の成長サイクルが短くなる事によって発生する症状です。

したがって、治療方法の1つとしてDHTの数を減らし、成長サイクルを正常な状態に戻していくという方法が取られます。

もう1つの治療方法は「毛根に対して血液と栄養を多く送り成長を促進する」という方法です。ヘアサイクルが悪化すると血管が収縮し、髪の成長に必要な栄養素が毛根に対して送られにくくなります。

この治療方法では頭部の毛細血管を拡張させ、血液と髪の成長に必要な栄養素が毛根に対して行き渡りやすくなるようにすることにより、髪の成長を促進させます。これらの方法が一般的な治療方法です。

その他の少々特殊な方法としては、側頭部の髪や人工の毛髪を患部へ移植する「植毛」や、AGAの改善効果があるエキスを直接患部に打ち込む「HARG療法」といった治療方法があります。

ニゾラルシャンプーはAGAに効果あり

ニゾラルシャンプーは非常に優れた殺菌・脱脂力がある薬用シャンプーですが、殺菌や脱脂以外の作用として、CYP17の働きを阻害する作用があります。

CYP17は体内で分泌されるプロゲステロンという性ホルモンがアンドロステンジオンという別の性ホルモンに変質させる効果があります。

CYP17によって変質するプロゲステロンという性ホルモンですが、このホルモン物質はアンドロステンジオンからテストステロン、DHT(ジヒドロテストステロン)と体内で変化していきます。

DHTは毛髪の成長サイクルに対して影響を与え、AGAを引き起こします。そのため、ニゾラルシャンプーを使用した洗髪を行うようにすれば、自然と体内でAGAの原因となる物質が生成されるのを抑制し、AGAの予防や改善が可能となります。

また、ニゾラルシャンプーの作用によって頭皮の皮脂分泌量が抑制されると徐々に毛穴に詰まる皮脂の量が減少していきます。毛穴の詰まりが発生すると、毛髪はその詰まった毛穴から体外に向かって成長する必要が出てくるため、髪自体が細くなっていきます。

したがって、ニゾラルシャンプーを使用すればAGAの発症予防や改善といった事だけでなく、毛穴の詰まりが原因で発生する薄毛や脱毛といった症状も改善可能となります。