ニゾラルシャンプーdeふっさふさ

ニゾラルシャンプーでフケかゆみにサヨウナラしよう

ニゾラルシャンプーについて

レビトラ

毎日しっかりとシャンプーを行い、頭皮の脂や汚れを落としているのになぜかフケが大量に出てしまう、頭の痒みが止まらない、そういった症状に悩む人は多くいます。

この症状というのは、脂漏性皮膚炎と呼ばれる皮膚炎の症状であり、この症状を発症すると患部に強くしつこい痒みが発生するようになる、フケが落ちるようになるといった症状が現れるようになります。

脂漏性皮膚炎を治療する際には塗り薬を使用し炎症を抑制するといった方法が行われます。その際、非常に強力な脂漏性皮膚炎の治療効果があることから多くの人に使用される製品として「ニゾラルシャンプー」があります。

ニゾラルシャンプーは脂漏性皮膚炎の治療効果が非常に高く、炎症を抑制しながら頭皮の痒みやフケを解消することができます。

ここではニゾラルシャンプーがどうしてフケやかゆみに対して効果があるのか、どのように使用すればよいのか、といったことを紹介していきます。

辛い頭の痒みなどに悩んでいる人は一度チェックしてみてください。

有効成分ケトコナゾールについて

ニゾラルシャンプーには有効成分としてケトコナゾールという成分が使用されています。

ケトコナゾールという名称にピンと来る人も多くいると思いますが、この成分は水虫やカンジダ症の治療に使用されている成分です。

ケトコナゾールには非常に強い殺菌作用があり、塗布した部位に生息する雑菌を殺菌する作用があります。ニゾラルシャンプーを使用し洗髪をした際には、頭皮上で余分な雑菌が繁殖するのを抑制し、頭皮環境の悪化を抑制することができます。

水虫の治療に使用する成分を頭皮に使用して問題がないのか、という疑問を持つ人もいると思います。しかしこのケトコナゾールはニゾラール軟膏と呼ばれるフケや脂漏性皮膚炎の治療薬に使用される医薬品の有効成分でもあるため、頭皮に対して使用しても一切問題ありません。

軟膏の場合、患部に対して塗布する際に毛髪が邪魔になりうまく塗ることができない場合があります。しかしシャンプーとして使用した場合、泡状になったケトコナゾールが頭皮に行き渡るため、軟膏よりも使用しやすくより優れた効果が実感できます。

フケかゆみに効果的

ニゾラルシャンプーは何度も紹介するように、フケや痒みに対して非常に強い効果があります。その理由として、ニゾラルシャンプーで改善が可能な脂漏性皮膚炎という症状の発症原因があります。

脂漏性皮膚炎という症状ですが、この症状は体表で生息する常在菌のマラセチア菌という真菌が原因で発症する症状です。マラセチア菌は本来身体に対して無害な菌です。

しかし洗い落としきれなかったシャンプーやトリートメント、皮脂、フケといったものによってマラセチア菌は増殖していきます。

マラセチア菌が増殖すると、増殖を起こしている患部で炎症が発生し始める、皮脂の過剰分泌が発生するようになります。

その結果、シャンプーをしても皮脂が残ったような状態になる、皮脂によって頭皮が剥がれフケがでる、といった脂漏性皮膚炎の症状がでるようになります。

脂漏性皮膚炎の解消効果が高いケトコナゾールですが、この成分は優れた殺菌能力と脱脂力があります。ニゾラルシャンプーを使用すると、患部で増殖しているマラセチア菌が駆除されるだけではなく、患部で分泌されている皮脂を脱脂します。

その結果、マラセチア菌が原因で起こる炎症とそれに伴う痒み、フケといった症状が改善されます。

ニゾラルシャンプーの副作用

ニゾラルシャンプーを使用した際に発生する副作用は、主に頭皮の痒みや乾燥といった皮膚症状になります。

具体的な症状としては軽度の痒みや刺激感、肌の乾燥、髪の質感の異常、頭皮の膿疱といったものになります。

これらの症状というのは、ニゾラルシャンプーに含まれるケトコナゾールの作用によって発生するものです。

ケトコナゾールは非常に優れた殺菌力と脱脂力があるため、炎症を起こしている患部にケトコナゾールが接触すると患部に対してヒリヒリとしするような刺激感、そして刺激から発生するかゆみといった症状がでるようになります。

そして頭皮の皮脂が脱脂される事によって、肌がカサカサと乾燥したような状態になります。また、髪に付着している皮脂なども脱脂されるため、髪の質感がパサパサと乾燥したような状態になる場合もあります。

ニゾラルシャンプーには上記のような副作用があるのみで、重篤な副作用はありません。

したがって、ニゾラルシャンプーの使用時には危険な副作用に対して不安を感じず、安心して使用することができます。

ニゾラルシャンプーの使用方法

ニゾラルシャンプーの使用方法ですが、使用方法は治療する症状などによっても異なります。まず脂漏性皮膚炎の治療を行う場合、週に2回ニゾラルシャンプーを使用して洗髪をします。脂漏性皮膚炎ではなく、フケの症状のみが現れている場合は1週間から2週間に1回、ニゾラルシャンプーを使用したシャンプーを行うことによって改善が可能となります。

使用方法としては、まずニゾラルシャンプーを使用する前にお湯と市販のシャンプーを使用し頭皮の汚れなどを予めに落とします。そしてシャンプーを終えた後、ニゾラルシャンプーを適量手に取った後、泡立てながら頭皮に対して揉み込むようにシャンプーをしていきます。

髪や頭皮にニゾラルシャンプーが馴染んだ後はすぐに洗い流さず、そのまま5分ほど放置しケトコナゾールの成分を浸透させます。

十分にケトコナゾールが浸透した後は、シャワー等を使用し毛髪や頭皮に付着した泡を綺麗に落とし、使用完了となります。

頭皮に洗い落としきれなかったニゾラルシャンプーが残っている場合、十分な効果が得られない場合もあります。

地肌に対してしっかりとシャワーを当て、シャンプーの泡が残らないように注意をしながらしっかりと洗い落とすようにしましょう。

シャンプー選びは髪の毛にとって重要

日々の入浴やシャワーで使用しているシャンプーですが、このシャンプーというのは髪や頭皮の健康にとって非常に重要なものです。具体例として、清涼剤の配合されたシャンプーがあります。

使用後すっとした清涼感が発生するような、清涼剤と呼ばれるような成分が配合されているシャンプーというのは、気温や湿度が高い時期に非常に強い爽快感を楽しめるものです。

しかし肌が弱く荒れやすい人が使用した場合、皮脂の過剰分泌や頭皮へのダメージに繋がり、時には脱毛症や薄毛症を引き起こすことがあります。

したがって、毎日何気なく使用しているシャンプーであってもしっかりと自分の肌や髪に合ったものを選び、正しく使用する必要があるのです。

シャンプーを選ぶ際に重要となる要素として、自分の頭皮がどれだけの皮脂を分泌しているのか、つまり頭がアブラっぽいかどうかです。

頭皮の保湿などのために皮脂というのは重要なものですが、余りに皮脂が多く分泌される場合、ニゾラルシャンプーを初め洗浄力の高いシャンプーを使用しなければ、毛穴のつまりなどに繋がる場合もあります。

したがって、ニゾラルシャンプーなどの脱脂力が高いシャンプーを使用するのが非常にオススメといえます。

自分の頭皮や毛髪に合ったものを選んで使用し、健康な髪や頭皮を手に入れましょう。

まとめ

いくらシャンプーをしても頭皮がアブラっぽい、フケが大量に出てしまう、そういった悩みを持つ人は非常に多くいます。

そういった人にオススメのシャンプーが、有効成分としてケトコナゾールを配合したニゾラルシャンプーです。

ニゾラルシャンプーは脂漏性皮膚炎と呼ばれる、真菌の異常増殖が原因で発症する皮膚炎の治療に用いるシャンプーで、非常に強い殺菌力と脱脂力があります。

ニゾラルシャンプーを使用し洗髪を行えば、頭皮上で過剰増殖しているマラセチア菌の駆除と炎症の緩和、過剰分泌されている皮脂の脱脂が可能となり、アブラっぽさやフケの悩みを解消することができます。

ニゾラルシャンプーを使用する場合、事前にシャンプーを行い頭皮に付着した汚れなどを軽く落としておく必要があります。

汚れを落とした後、追加で洗っていくことによって皮脂を綺麗に取り去ることが可能となります。

そして使用しすぎてしまった場合、頭皮の過剰な乾燥や脱脂しすぎる事によって起こる皮脂の分泌などを引き起こす恐れがあります。

そのため、使用するのは週に2回、症状によっては1週か2週に1回程度の使用に抑えておくようにしましょう。